PowerPoint でテキストの行間を指定して見やすくする -Officeソフトの技(4)-


[初回公開] 2010年06月09日

プレゼンテーションの資料や提案書は図形や色で読みやすさやインパクトを与えることができるが、配置する文字列(テキスト)のデザインも大きく影響し、その中でも行間を調整することでより読み易さを向上し内容の理解度も深めることができる。

PowerPoint でテキストの行間を指定して見やすくする




1.文字列(テキスト)の行間の重要性


PowerPoint で説明文など文章が複数行になると下図のように一文字一文字の上下左右に間隔が無く、しっかり文字を目で追わないと内容が理解できない状態になる。
また、初見で一瞬見た際に文字列が密集していると読むことに拒否反応が出てしまうと内容がしっかりして良いことが記載されていてもマイナスイメージが付いてしまい台無しになってしまう。

行間が狭い密集した文字列


2.文字列(テキスト)を読みやすくするためには


文字が密集して読みづらい文章を読みやすくするためには、文章の上下の余白(行間)を空けると良い。
また、文字が小さいと行間が空いていても読みづらくなるため、フォントサイズは小さくても 12px 以上は確保しておきたい。
利用するフォントでも読みやすさに差があり、極端に丸みがあるゴシック体の文字や毛筆で跳ねが多い明朝体だと一瞬目に入った際のインパクトは大きいが、内容を伝えたい説明文には不向きであるため、一瞬で何の文字かがわかるシンプルなフォントを選択するのがよい。



3.PowerPoint での行間の調整方法


PowerPoint で行間を設定するにはは、上部メニューの「書式 -> 行間」をクリックすると行間の設定ウィンドウが表示されるので、このウィンドウ内の"行間"の数値を増やすことで複数行の間の間隔を空けることができる。
フォントや文字サイズなど文字列の変更は上部メニューのリボン内の他、配置したテキストボックスを右クリックした際に表示される操作メニュー内にある「フォント」や「オートシェイプの書式設定」から修正することができるが、行間は上記の通り「書式」から行うので注意が必要である。

行間の設定


4.テキストボックスを複数利用する方法


本記事は一つのテキストボックスに複数行に渡る文字列を記述した場合に行間を設定する方法となるが、その他の方法としては一つのテキストボックスに対して一行だけの文章を記載し、そのテキストボックス同士の間隔を空けることで行間を調整する方法もある。
この方法の場合ではテキストボックスの位置を変更するだけなので操作が非常に簡単であるが、デメリットとしてはテキストボックスを配置した後に記述している文字列が修正して文字数に増減があると、一つのテキストボックスだと自動的に改行してくれるところを各テキストボックスに対して文字の修正が必要になる点が挙げられる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック