【プログラムするならこれがあるとよい】統合開発環境の NetBeans の特徴と使い方


[初回公開] 2010年05月12日

これから IT 業界に入ろうとする人、もしくは興味がある人から「プログラムを始めるには何が必要か?」と聞かれることが多い中、一つの案として IDE(総合開発環境)の NetBeans を勧めることがあるので、その NetBeans の特徴と基本的な使い方について紹介する。

【プログラムするならこれがあるとよい】統合開発環境の NetBeans の特徴と使い方




1.NetBeans とは


NetBeans とは、Java で動作するプログラムの総合開発環境(IDE:Integrated Development Environment)である。
IDE とは、プログラムの記述(コーディング)だけでなく、動作するようにパッケージ化するコンパイル、ビルドの他、プログラムの不具合や動作確認を行うデバッグの機能が搭載されている。

Netbeans の起動中の様子


NetBeans は Web サーバの「Apache」を代表格に持つオープンソースのソフトウェアプロジェクトを支援する非営利の財団法人である Apache ソフトウェア財団から提供されており、無料で利用することができる。

2.NetBeans の特徴


NetBeans は Java の開発環境としてスタートし、現在はでは PHP や C、C++ といった多くのプログラミング言語に対応している。
過去は Java だけが開発できるバージョン、PHP だけ開発できるバージョンと分かれていたが、現在は一つの NetBenas で多くのプログラムに対応している。
下図は、過去のプログラム言語別に分かれていた NetBeans の比較表である。

過去の Netbeans 比較表




NetBeans でプログラムを行うと、プログラムの記載に間違いがあるとマーカーで知らせてくれたり、各プログラムで用意されている関数やクラスは色別されるならプログラムする上で分かりやすい。

過去の Netbeans 比較表


また、NetBeans をインストールしたパソコン上で疑似的に簡易の Web サーバを起動することができるので、実際にプログラムしたものをその場で動作確認することができるとともに、プログラムの記述ミスなどで不具合があれば、問題のある行を色付きで表示する機能があるため、効率良くプログラム開発することができる。

加えて、postgreSQL や MySQL などサーバにあるデータベースに直接接続して SQL で操作することができるとともに、SELECT 文で取得したデータが表示できるなどデータべース操作も可能になっている。

3.NetBeans の使い方


NetBeans の使い方としては主に「プログラムの記述」であるが、その場でプログラムを実行させたり、サーバの接続情報を予め入力しておけば、直接サーバに設置することもできる。

3-1.プロジェクトを作成する


NetBeans でプログラムを始める際は、最初にプロジェクトを作成する。
プロジェクトとは、利用するプログラム言語を指定するとともに、動作確認のためどの Web サーバを利用するかなど初期設定を行うことである。

NetBeans でプロジェクトを作成


上図は NetBeans でプロジェクトを新規作成しようとしているところで、Java や PHP など言語選択している様子である。

また、Wordpress や EC-CUBE などオープンソースとして配布されているプログラム群を既に持っているなら、プロジェクトの場所を指定する際にそのプログラムがある場所を選択すると自動的に読み込んですぐに開発に着手できるようになる。

3-2.プログラムを記述する


NetBeans でプロジェクトを作成すると下図ように右側にプログラムを記述する。
左側にはツリー状のファイル類があるが、これは既にプログラムを階層別に用意したもので、既に書き終えたプログラムを修正したい場合など、すぐに開けるようになっている。

NetBeans でのプログラムの様子




3-3.プログラムを実行する


記述したプログラムを実際に動かしたい場合は、NetBeans の上部メニューにある緑色の三角形をクリックすると実行される。

NetBeans でプログラムを実行する


PHP など Web サーバ上で動作するプログラムの場合は予めローカル上で Web サーバが動作するように準備しておく必要があり、NetBeans では Apache が利用できるようになっている。
Web サーバの設定が終わった状態でプログラムを実行すると Apache が起動し、ブラウザにプログラムの実行内容が表示される。

また、NetBeans にはブレイクと呼ばれる予めプログラムを止めたい場所を指定することができるため、プログラムを実行して任意の場所で動作を止めることができるので分岐処理でどのルートに入ったのかや、各所でどのような変数やパラメータが入っているかを随時確認するのに役立つ。

4.過去の NetBeans との違い


過去の NetBeans はオラクル社により開発及び提供されていたが、2016 年に Apache ソフトウェア財団への寄贈されている。
過去の NetBenas との違いは前述の通り、各プログラム言語ごとにバージョンが異なっていた NetBenas だが、現在は一つに統合されている点で、それ以外は大きく機能が変わった点は無い。

過去の NetBeans 日本語版のサイト




また、過去の NetBeans は日本語版が独自に配布されていたが、現在は廃止されており NetBeans の入手先は公式サイトのみとなっている。

5.NetBeans の総評


NetBeans の総評としては、プログラムしたものをすぐに動作確認したり、デバッグしたい場合に重宝する。
しかし、もしプログラムの実行環境が特殊で実際のサーバでしか動作しない場合はプログラムを別途サーバにアップロードする必要があり、その場合はデバッグ機能も使えないので NetBenas はプログラムを行うだけのツールとなる。
プログラムを行うだけであれば各プログラム言語に対応した動作の早いテキストエディタがあるので、用途に応じて使い分けるとよい。

便利だと感じる点が 2 点あり、1 点目はサーバにすぐアップロードできる点である。
プロジェクトごとに FTP・SFTP の先を登録できるので、NetBenas の左側に表示されるプロジェクトからアップロードしたいファイルの右クリックで即座にサーバへ適用でき、作業効率が格段に上がる。

また、2 点目としてデータベースの操作が直接行えることで、実際のプログラムとは関係ないがプログラムの動作確認のためのテストデータの挿入や、プログラム内で利用する SQL 文を事前に NetBeans の画面で実行してどのような値が取得できるかなど確認できる点が便利である。

関連記事


この記事へのコメント