Windows のフォルダ構成をツリー表記でテキストに保存する方法と便利な使い道


[初回公開] 2009年09月28日

Windows はフォルダの中にさらにフォルダを作成するといった階層でファイル類を管理できるようになっているが、上位から下位の階層までどのようなファイルがあるのか、また同階層にはどのようなフォルダがあるのかを一覧で見たい場合にその内容をツリー型で表記してファイルに出力する tree コマンドが Windows に搭載されているので紹介する。

Windows のフォルダ構成をツリー表記でテキストに保存する方法




1.tree コマンドとは


tree コマンドとは Windows OS に標準搭載されているコマンドプロンプトで実行するコマンドで、ファイルやフォルダの階層構成を木の枝のように分岐して出力することができる。
CentOS など Linux 系のサーバように各ファイルの属性も出力することができるが、Linux 系のサーバにはディレクトリ構成を出力する tree コマンドに相当するものは存在しない。
一つの階層のみだけでなく、その下位にあるフォルダやフォルダも探知することができ、いくつもの階層になっていても自動的に下位まで掘り下げてファイルの一覧を出力してくれる。



2.tree コマンドの使い方


tree コマンドを使うためにはコマンドプロンプトを起動する必要があり、画面左下の Windows マークから「Windows システムツール -> コマンドプロンプト」をクリックすると起動する。
コマンドプロンプトが起動すると下記のコマンドを入力する。

C:\Users\{ユーザ名}>tree /f >{任意のファイル名}.txt


tree の後ろの /f はファイル名を表示することを示し、この記述が無いとファイル名は出力しない。

tree コマンドの実行例


また、>{任意のファイル名}.txt でファイルに出力することを示し、{任意のファイル名}は好きな名称を付けることができる。

tree 出力される内容は tree コマンドを実行した場所からとなるため、上記のように C:\Users だと Users フォルダ以下が全て対象となり膨大になる。
特定のフォルダだけにしたのであれば cd コマンドでそのフォルダまで移動してから tree コマンドを実行する。
例えばデスクトップ上のファイルとフォルダの一覧を取得したければ「C:\Users\{ユーザ名}\Desktop」で tree コマンドを実行するとよい。

3.tree コマンドで出力したファイルの見方


tree コマンドで出力したファイルの例


tree コマンドで出力したファイルの中身を見るためには出力したファイルをダブルクリックするだけでよく、上図のような内容でフォルダ名とファイル名がツリー構造で確認することができる。。
出力したファイルはテキストファイルのため、通常であれば Windows に標準搭載されているメモ帳や Notepad で開かれ、別途テキストエディタをインストールしていればそのソフトウェアで開かれる。
Word など文書を扱うファイルでも名前を指定して開くことができる。

4.tree コマンドで出力したファイルの使い道


tree コマンドはファイル名の一覧をデータとして瞬時に取り出すことができるので、撮影した写真データや動画、音楽ファイルなど膨大にあるファイルの一覧表を作成したり確認したい場合に利用するとよい。
出力したファイルを Excel など表計算ソフトで開くとファイル管理としても役立てることができ、印刷など資料化で共有化も図れる。
また、ファイルの検索にも一役買うことができ、ファイルがどこにあったかわからなくなった場合に Windows の検索機能を利用してもよいが、時間がかかる上にハードディスクや SSD など記録媒体を酷使するため物理的に負荷がかかり寿命を縮めてしまう。
そこで tree コマンドで出力したファイルをメモ帳などテキストエディタで開いてからファイル名を検索するとハードディスク等に負荷をかけることなく即座に検索して把握することができる。​

関連記事


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック