コマンド cipher を利用してパソコンの空き容量を復元できないように完全に削除する利点


[初回公開] 2009.07.24

パソコンには cipher というハードディスクや SSD など記憶媒体の空き領域のデータを完全に削除するコマンドが実装されており、このコマンドを実行することでデータを復元することができなくなりパソコンの破棄時や盗難時のデータの漏洩を防ぐことができる。

コマンド cipher を利用してパソコンの空き容量を復元できないように完全に削除する利点




1.ごみ箱を空にしても消えないデータ


パソコンを利用して不要となったファイルや画像は削除し、その削除されたファイル類はデスクトップ上にあるごみ箱に移動し、ごみ箱を空にするまではデータが削除されないというのは多くのパソコン利用者なら把握している事実だろう。
しかし、ごみ箱を空にしてファイルが見えなくなってもそれは見た目を見えなくしているだけで、ハードディスクや SDD など記憶媒体上ではデータが残留している状態にあり、これはハードディスクや SDD は磁気でデータの読み書きを行っており、ごみ箱からデータを削除しても磁気として残っているデータの削除は Windows など OS は行わないためである。



2.消したデータを復元する方法


ごみ箱からも削除したデータは通常のパソコン上からでは復元することができないが、専用の復元ソフトや微弱な磁気を読み込んでデータ化する機械にかけると削除したつもりのデータも復元することができる。
特にパソコンの知識が無い人でもデータを復元するソフトを家電量販店やインターネット上から購入することができるので比較的容易にごみ箱から削除したデータも復元できるものだと考えておいたほうがよい。

ファイナルデータ11plus 復元+Office修復

ファイナルデータ11plus 復元+Office修復

Amazon で価格を確認する



3.データの復元を防止する方法


ごみ箱から消したデータは前述した通りハードディスクや SSD に磁気として残留しているため、このデータの磁気を取り除くか違うデータで上書くことで元のデータを復元できないすることが防止策となる。
まず、磁気を取り除く方法としては磁気破壊装置と呼ばれる強力な磁場の中にハードディスクなどを入れることで残留している磁気を狂わす方法である。
原理としてはクレジットカードなどに磁石をくっつけていると記憶されているデータが狂い使えなくなる現象と同じで、重要な情報を扱う企業ではハードディスクを破棄する際に利用されており確実にデータ消去することができる反面、高額な製品であり所有している一般家庭は少ないだろう。
次いで一般的にできる防止策は違うデータで上書く方法で、削除して空いた領域に漏洩しても支障が無いファイルをコピーしたり配置することでハードディスク内の磁気が変わり、削除した元のファイルの復元が難しなる。
ただし、一度の上書きでは微弱な磁気が残るため、数回の上書きか、データ削除する専用のソフトウェアまたは Windows に標準搭載されている cipher コマンドを利用する。

4.cipher コマンドとは


cipher コマンドとは最近の Windows OS に標準で搭載されている機能で、ハードディスクなど記憶媒体の空き領域に対して3回データを書き込んで元のファイルを復元できないようにしてくれる。
空き領域に対して行ってくれるので OS 自体やインストール済みのソフトウェアや保存しているファイルには影響しないため安心して利用することができる。



5.cipher コマンドを実行する


cipher コマンドを実行するためにはコマンドプロンプトを利用する。
コマンドプロンプトは「スタート -> Windows システムツール -> コマンドプロンプト」で開くことができるが、この時にコマンドプロンプトという文字の上でマウスを右クリックしてメニューを開き「管理者権限で実行」で開くようにする。
次いで、コマンドプロンプトが起動したら下記のコマンドを入力すると空き領域に対して復元できないようにデータの上書きが実行される。

cipher /w:c:


上記コマンド内にある c: は C ドライブに対して実行することを指しており、もし Dドライブに実行するなら /w:d: とする。

cipher の実行中の様子


今回、ハードディスクの全体容量や約 460GB あり、その内空き領域が 350GB あるパソコンに対して cipher コマンドを実行することにした。

cipher を実行する前の状態


cipher が実行されている間はデータを3回上書きするため、少しずつ空き容量が減っていく様子がリアルタイムで見ることができる。
ハードディスクの空き容量が無くなるまでデータを書き込むと一度リセットして、再度上書きを開始する。
これを3回繰り返して終了となるが、350GB の空き容量に対して実行した場合は約4時間で終了した。

cipher の実行中は空き容量が減っていく


6.cipher コマンドの利点


cipher コマンドはパソコン内の空き領域だけでなく USB メモリなど外部記憶媒体に対しても実施することができ、特に古くなったスマートフォンや micoSD カードを譲渡したり売却する際にはその先でデータが復元されるかもしれないというリスクを念頭に置いておいたほうがよい。
実際にオークションで購入した中古スマートフォンを復元ソフトでデータの復元を試みたところいくつかの写真が出てきたので cipher コマンド、もしくより上書きする回数が多い専用のデータ消去ソフトを用いることをお勧めする。

関連記事


この記事へのトラックバック