アフィリエイトで成果を出す -(9)アクセス解析の導入-

アクセスが増えるように対策を行い、コンテンツを充実したりサイトの操作性やデザインを良くしたりと準備万端で公開すれば後はアフィリエイトの成果が上がるのを待つだけとしたいところだが、大半はなかなか思い通りにならない。

成果が上がらない原因を考え、サイトに対してどのような対応を行うか検討して実行する。
そのようなサイトメンテナンスを日々繰り返すことでアクセスユーザが増え、その中の何%かがアフィリエイトの成果につながっていく。

さて、まずは公開したサイトの現状を把握しなければならない。

SEOに関することは自ら検索サイトを利用して、自分が想定するキーワードで検索することで自分のサイトが表示される順位を把握することができる。

また、サイトへアクセスしているユーザ数や表示されたページ数を把握するにはアクセスカウンターを設置すれば把握することができる。

しかしそれらは"今の数値"を見るだけであり、取るべき対応策の方向性も導き出せない。


そこで、「アクセス解析」と呼ばれるサイトのアクセス状況を集計するツールを利用する。

サイトを公開しているサーバには必ず"ログ"と呼ばれるアクセス履歴が残るようになっており、それを集計したものが「アクセス解析」だ。

公開しているサーバがホスティングの場合はすぐに使える場合もあり、「アクセス解析」が無いもしくは使えないサーバでも"Google Analytics"に代表されるようなサイトのHTMLソースの中にアクセス解析タグを埋め込むことで利用できるものもある。

アクセスの履歴を集計するので特にアクセス数を公開する必要がないのであれば、前述したアクセスカウンターは必要なくなる。


どこのリンクから訪問されたのか



「アクセス解析」には自サイトがどこのサイトからリンクしてきたかがわかる。

"Google"や"Yahoo!"など検索サイトなら、アクセスの少ない検索サイトに対してのSEOを施したり、逆にアクセスの多い検索サイトならさらにアクセスアップを目指してSEOを特化して行うといった手段が考えられる。

また、検索サイト以外の一般サイトからのアクセスのうち、ブログからのリンクはチェックをしておきたい。

自サイトのコンテンツ内容や商材についてのコメントが添えられている可能性があるからだ。
サイトに対してのクレームであれば真摯に受け止め修正を検討したり、良い評価を得ていればどんどん今の方向で進めていけばよい。

ちなみにどこのサイトからもリンクされていない数値もあるはずだ。

それはお気に入り(ブックマーク)でアクセスした場合に出る数値で他サイトのリンクから来るユーザよりも再アクセスの可能性が非常に高いので、この数値も気にしておくとよいだろう。


どのようなキーワードで訪問されたのか



"Google"や"Yahoo!"など検索サイトからアクセスされたものに関しては、その時ユーザが入力したキーワードも「アクセス解析」の残るようになっている。

アフィリエイトで利用している商材名や付加情報をキーワードにアクセスされていれば成功だと言える。

しかし中には予期せぬキーワードでアクセスされることもある。
たまたま探していて自サイトにアクセスされたのかもしれないが、そのキーワードで検索すると上位に位置している可能性もある。

アクセスされるきっかけがある中で成果につながるコンテンツが無いのはチャンスを無駄にしているので、キーワードにあった商材を配置し直すという案も検討すべきだ。

ユーザが探す情報もさまざまなので、自分の意図していないキーワードもぜひ活用したい。


どのコンテンツにアクセスが多いか



「アクセス解析」はページ毎にアクセス集計することができる。

ほとんど場合はトップページのアクセスが一番多いと考えれるが、アクセスが多いコンテンツが何なのかを確認する必要がある。

何かを紹介しているコンテンツであれば、さらに情報を増やしたり同カテゴリーのコンテンツを増やせばアクセス数が増えていく。

アクセスが多いにも関わらずアフィリエイトの成果につながっていないのであれば商材を変えてみたり、見せ方を変えたりと模索しながらサイトのメンテナンスを行っていく。

もちろんアクセスの少ないコンテンツは人気がないか、サイト内のリンクでうまく誘導できていないと考え、こちらも見せ方等を再検討する必要がある。


「アクセス解析」はサイトのさまざまなことを教えてくれる。

急にアクセスが減ったと思えば実は検索結果の順位が下がっていたとか、あるカテゴリーのキーワードでのアクセスが伸びていると思えば新商品発売前後だったりテレビで紹介されたなど、「アクセス解析」から出る数値の原因を調査することで成果が上がるチャンスが眠っている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック