Excel で 2 つのセルの内容を比較して判定結果を表示する方法 -Officeソフトの技(1)-


[初回公開] 2009年05月27日

Excel には異なる 2 つのセルに入力した値や文字列を比較して判定する機能があり、値が正しいか入力チェックとして利用したり、一定値を超えたり下回ると目立つように表示する方法について紹介する。

Excel で 2 つのセルの内容を比較して判定結果を表示する方法




1.セルの内容を比較する利用シーン


Excel で 2 つセルの内容を比較する利用シーンとしては 2 つ挙げられる。
1 つ目は入力した値や文字列が正しいか入力チェックするために用いられる。
大量にあるデータの差分を確認したい場合に 1 つずつ目で確認するのは見逃しがあったり時間的に効率が悪いため Excel で機械的に行うほうが確実で早い。

2 つ目は一定値を超えたり、下回っている場合に印を付けて目立たせるために用いられる。
成績の比較で優劣を判定したり、前月と比べて売り上げが上がったか下がったかなど比較して一目でわかりやすくするのが目的である。

2.比較したい 2 つのセルを用意する


Excel で 2 つのセルの内容を比較するために、まずは比較したい値を下図のようにセル A2 と B2 に入力する。

比較したい 2 つのセルを用意する


C 列はこの後、A 列と B 列の値の判定結果を表示させるために利用する。

3.判定させるセルに関数を挿入する


次に、2 つのセルの値や文字列を比較するのに Excel に用意されている関数を利用するため、上部メニューより「数式 -> 関数の挿入」を選択する。
この時、「関数の挿入」を選択する前に判定結果を表示させるセルを事前に選択しておき、今回は C2 に判定結果を入れるようにする。

数式 -> 関数の挿入を選択


「関数の挿入」をクリックすると下図のようにウィンドウが表示される。
関数名の中から「IF」を選択してボタン「OK」をクリックする。

関数名の中から IF を選択


4.関数に条件となる引数を設定する


次いで、ウィンドウ「関数の引数」が表示され、2 つのセルの間で正しいのか、または大小の比較なのかなど論理式と、論理式が合っている(真の場合)に表示する内容、反対に論理式が合っていない(偽の場合)に表示する内容を設定する。

論理式と結果に対する動作を設定


論理式とその結果に対する動作を次のように設定する。
・論理式:A2 = B2
・真の場合:"○"
・偽の場合:"×"

設定が終わればボタン「OK」をクリックするとウィンドウが閉じて設定内容がセルに反映される。

5.2 つのセルの判定する様子


ウィンドウ「関数の引数」の設定が終わると、下図のように A 列と B 列に入力された値を比較して結果が表示される。
前述した設定では「A2 と B2 が正しければ○を表示し、異なれば×を表示する」と設定したため、A 列と B 列で数値、文字列問わずに判定されているのがわかる。

2 つのセルの比較判定結果の様子


ただし、アルファベットの a と A のように小文字と大文字の判定は行われない。

6.Excel の古いバージョンでの値の比較方法


Excel のバージョンが古い場合においても 2 つのセルの値を比較する方法は変わらず、下図のように「関数の挿入」から行う。

Excel の古いバージョンの関数の挿入


ただし、「関数の挿入」を表示するためには上部メニューの「表示 -> 関数」を選択する。
「関数の挿入」では関数名を「IF」を選択してウィンドウ「関数の引数」が表示されて論理式と真偽の設定を行う点は前述した内容と変わりない。

Excel の古いバージョンの関数の引数


できるポケットExcel関数 基本&活用マスターブック Office


関連記事