Windowsで複数のOSを起動する

仕事の内容ごとにサーバを用意するのは大変だし費用もかかるのでどうしたものかと思っていたが、"VMware"という仮想マシンの存在を教えてもらった。

 VMware


現在手元にあるWindowsのパソコンにこの"VMware"をインストールして、イメージファイル化された各種OSを起動するだけで利用することができ、その様はウィンドウ化されて操作することができる。

IPアドレスも仮想マシンのOSごとに設定できるので、ブラウザによるサイト確認やSSHやFTPも一台のパソコンで完結する。

何より無料で使えるの嬉しい。

イメージファイル化されたOSのうち、fedora core6を試してみた。

 fedora core6


クライアントソフトが入っているので約5GBのハードディスクの容量が必要で、メモリが少ないと非常に遅くなりそうだ。

ちなみにハードディスクへのアクセスが頻繁にあるようなのでちょっと寿命が気になる・・・。


設定をミスしてもインストールがうまくいかなくてもやり直しが何回もできるので良い練習台だ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック