phpMyAdminのEUC-JP対応

データベースのMySQLを利用する場合、ブラウザ上でカラムの構成やデータの操作ができる"phpMyAdmin"を導入すれば作業もはかどるのだが、文字コードがEUC-JPのときは文字化けして使えないことがある。

文字コードに対応していないので文字化けしているのであって、その状態で編集するとアプリケーション側で正常に出ていた文字も化けてしまうことになる。

画面上では「Japanese(euc)」を選択しているのに思うようにいかないのには"phpMyAdmin"の内部的な仕様にあるようだ。

ちなみに今回仕様する"phpMyAdmin"は「phpMyAdmin-2.11.9.4-all-languages.zip」を利用する。


まず文字化けを確認するために「Japanese(euc)」を選択してログインする。

 phpMyAdmin


デフォルトのインストールだとデータの中身を見ても文字化けしたままとなる。

 文字化け


そこで、"libraries"フォルダにある"database_interface.lib.php"をテキストエディタで開く。

その中で、848行目から910行目あたりの以下の文章をコメントアウトして動作しないようにする。


if (PMA_MYSQL_INT_VERSION >= 40100) {
 <略>
} else {
require_once './libraries/charset_conversion.lib.php';
}



編集したファイルをサーバに設置して再度ログインしなおすと文字化けが解消されているのがわかる。

 文字化け解消


前々から"EUC-JP"のデータベースには困らされていたが、ようやく落ち着いて作業が進められる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック