Google Mapに自社情報を掲載する -その2-

以前、"ローカルビジネスセンター"を利用してGoogle Mapに自社情報を掲載する方法を紹介したが、今回は実際に登録してみると関心する点とそうでない点が見つかった。

まずは"ローカルビジネスセンター"にアクセスすると地図の位置と名称だけでなく、営業時間やURLなど多くの情報を掲載することができる。

 ローカルビジネスセンター


画面の誘導に合わせて入力を終えると、最後に登録の最終確認として電話か郵送の選択画面が表示される。

確かにGoogleアカウントを所有しているユーザであれば誰でも登録・編集ができるので本人確認は必要である。

 最終確認


すぐに更新結果が見たかったので電話を選択すると、「すぐに電話」と「5分以内に電話」とある。
どうやらGoogleから電話がかかってくるようだ。

「すぐに電話」を選択すると、即座に電話がかかってきた。

電話口では対人ではなく録音された音声だが、プッシュ回線で確認を行う。

画面を見ながら行っていたが、確認を行った瞬間に画面上の表示も切り替わった。

 確認

非常にお金がかかったシステムだ。

ちなみ一度、プッシュ回線の不調で何もせずに電話を切ったが、その場合でも即座に画面が切り替わった。

 中断


ところが数日して、Googleから登録申請した痕跡がわかるようなハガキが送られてきた。

ハガキの中には申請ログインしたときのアカウント名(メールアドレス)とPINコードと呼ばれる暗証番号のようなものが記載されていた。

検証かねていくつかのログインで試してそれぞれ送られてきたので、最終認証をしていなくても届くようだ。

かなりお金がかかっているので本当に無料なのか心配になったが、どうやら無料のようだ。


しかしこれにも不安な点があり、先に登録してしまえば後から編集しようとしても本人確認できないと難しいのだが、第三者が偽った電話番号で認証してしまうと本人であれその編集は難しくなってしまう。

それと認証しなくても申請の準備をしただけでハガキが届くのであれば、申請を代行する場合はハガキが届くので気をつけなければならない。


店舗であればぜひ申請しておきたいところだが、SEOとしてどれだけ効果があるかはこれから判断しないといけない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック