アフィリエイトで成果を出す -(5)ブログと通常サイト-

「アクセスアップを目指すならブログの方がいいのか?」とクライアント先で耳にすることが多いのだが、ブログと通常のサイトとどちらが優れているのかというものではなく、それぞれメリット・デメリットがある。

ここでいう通常サイトとは、サイト作成ソフトなどで作ったデータをFTPでサーバにアップするものを指す。

対してブログの方は、独自に設置したもの、無料で利用できるもの問わずにブラウザ上から記事を管理できるものを指す。

ブログの方がWeb制作の知識が必要ないとか、通常サイトの方がデザインに自由度があるなどアクセスアップに関係ないことは一先ず置いておいて、アクセスアップに関係することを紹介したいと思う。


ブログはアクセスアップに有利なのか?



ブログを利用したことのある人ならわかると思うが、ブログのデザインはテンプレート化されており、何パターンかのレイアウト・デザインを適応することができる。

そのため、ブログから生成されるHTML自体は非常にシンプルで効率の良いものになっていて、レイアウト・デザインはCSSで管理している。
実はこれがSEOの基本となることで、そのHTML自体もWeb標準に準拠されていることが多いので検索エンジンに認識・インデックス化されやすい点がある。

SEOに向けた作成方法を知らない場合にはブログを利用するとよいだろう。

また、ブログには"PINGの送信"というものがある。

これは、新規に作成した記事を公開する際に、いわゆる"ブログのポータルサイト"に記事を公開したことを通知する機能だ。

通常サイトではサイトの存在を各サイトの運営者にリンク申請する必要があるのだが、ブログの場合はPINGを利用して一斉にブログポータルに通知し、それが短時間にシステム的に反映されるので目にするユーザが増える。

これはブログがプログラムで動作している"システム"であるから成せるもので、その他にニュースの用に記事タイトルだけを配信するRSSや、相手のブログに自分のブログ記事へリンクさせるトラックバックなど、ユーザがアクセスするきっかけを作るのに最適である。


通常サイトはアクセスアップには向いていないのか?



では、"システム"ではなく"手動"である通常サイトはアクセスアップに向いていないのだろうか。

確かにコンテンツを追加・更新したところでシステム的に通知する手段はなく、ブログと違い管理画面もないので運営するのは大変だ。

しかし、ブログと違う大きな点はサイトマップを自由に作ることができる点だ。

サイトマップとはコンテンツの階層状態とコンテンツの位置をわかりやすくしたものだが、このページがあることで検索エンジンは効率良くインデックス化するので、ブログよりはコンテンツの取りこぼしが少ない。

また、各ページごとにキーワード・説明文といったメタタグを埋め込むことができるので、検索エンジンに対してどのようなコンテンツであるかをアピールしやすくなる。

さらにユーザの心理面から考えると、ブログはじっくり腰をすえて見るよりも検索サイトやブログポータルからダイレクトに記事に飛んできて、そのまま離脱する傾向が高いため、多くのコンテンツを見てもらったりリピーターを確保するのであれば通常サイトの方が安心感を与えやすい。


このように、ブログは対ユーザに効果があるのに対し、通常サイトは検索エンジンにアクセスアップの効果が高いだろう。

一番の好ましいのはブログと通常サイトの両方を運営するのが良いのだが。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック