万が一に備えて RealSync で Windows の差分バックアップを行う方法


[初回公開] 2008年04月07日

業務や家庭で利用するパソコンはディスクの冗長化を取っているサーバと比較するとハードディスクや SSD の故障で保存しているデータが損失する割合が一般的に高い傾向にあるため、万が一に備えて RealSync を利用したデータの差分バックアップを行う方法を紹介する。

万が一に備えて RealSync で Windows の差分バックアップを行う方法




1.バックアップとは


バックアップ(backup)とは、正常に動作や運用できなくなった場合に継続できるように予備を用意することで、パソコンを取り扱う情報システムの分野では保存しているデータを別の場所にコピーすることを指す。
反対にバックアップしたデータを元の場所に戻したり、別のパソコンに再構築する場合はリストアと呼ぶ。



サーバを利用したシステムの場合は RAID(レイド)と呼ばれるハードディスクなど記憶する部品を 2 つ以上を並列に繋げる構成を用いており、データはそれらに同時に書き込むため仮に 1 つのハードディスクが故障しても他の稼働しているハードディスクでデータの損失を防いでいる。

2.バックアップの重要性


バックアップの重要性は、端末の故障や紛失で保存していたデータを全て失ってしまうことである。
業務であれば顧客情報や受発注情報を失ってしまうので業務に多大な被害で発生し、個人であれば写真や動画といった思い出類を見返すことができなくなってしまう。

ハードディスクや SSD などデータを記憶する部品以外の故障であればバックアップ無しでも復旧することは可能だが、メーカー修理になると強制的にデータは初期化されるので日頃のデータのバックアップは重要である。

3.バックアップの方法


バックアップの方法は外付けのハードディスクや USB メモリなど別の記憶媒体にコピー&ペーストするごく簡単なものから、バックアップ専用のソフトウェアを利用して定期的に異なるパソコンやサーバにバックアップする高度な方法などがある。

バックアップの注意点としては元となるデータとバックアップ先の場所が同じ端末内だと、端末が故障すると元のデータもバックアップしたデータも失ってしまうので、バックアップする先は物理的に異なる記憶媒体を利用するのが好ましい。

バックアップする際は毎回、全てのファイルをバックアップ先にコピーするのが簡単だが、データ量が増えるとコピーに時間がかかるため、今回は差分バックアップが可能な Windows 用ソフトウェアの RealSync を利用してバックアップする。

4.RealSync とは


RealSync とはバックアップの元なるフォルダの階層を保ったまま別の場所にバックアップする無料のソフトウェアである。
操作方法は更新ボタンを押すだけで簡単であり、更新されたファイルだけをコピーするため時間をかけることなくバックアップすることができる。

-> RealSync フォルダ同期、バックアップツール

RealSync の入手は上記 URL にブラウザでアクセスし、画面左側にある「ダウンロード」をクリックして表示されるリンクをクリックすると .zip の形式のファイルがダウンロードされる。



ダウンロードした RealSync は解凍するだけで利用でき、レジストリに書き込むようなインストールは不要である。
また、アンインストールしたい場合は解凍したフォルダを削除するだけでよい。

5.RealSync の使い方


RealSync の使い方としては、まず RealSync を起動させると下図の画面が表示される。
画面の上部には設定済みのバックアップタスクの一覧が表示され、画面下部はそのバックアップタスクを実行したときのログが表示されるようになっている。

RealSync の起動直後


次に同期の設定として、「更新元」にバックアップしたいフォルダ選択し、「更新先」にバックアップ先のドライブ等を選択する。
Windows OS では外付けハードディスクや USB メモリを挿して認識されるとドライブが E:\ や F:\ になるのでこれらを選択するようにする。
C:\ はバックアップ元のドライブであることが多いので、同じ C:\ にバックアップしないほうが好ましい。

RealSync の同期の設定


同期の設定よりバックアップタスクが登録できれば、画面左上にあるボタン「更新」をクリックするとバックアップが開始され、その状況は画面下部にリアルタイムに表示される。

RealSync のバックアップの実行


もし更新先となるバックアップ先にフォルダが無ければ、RealSync が自動的にフォルダを生成してからファイルをバックアップしてくれる。

注意点としては、ボタン「更新」を押してバックアップが終了するまで進捗を示すパーセンテージやバーは表示されないため、バックアップ中にバックアップ先の外付けハードディスクや USB メモリは抜いてしまうと故障の原因となるため、画面下部のログが止まってから抜き差しするようにしなければならない。

関連記事