Thunderbird で迷惑メールを自動的に破棄するフィルタリングの設定方法


[初回公開] 2008年03月18日

メールアドレスを持っていると必ず遭遇するのが、迷惑メールと呼ばれるメアドを伝えていない相手から一方的にメールを送り付けられるもので、最近では詐欺に利用されることが多いのでメーラーの Thunderbird を例に迷惑メールを自動的に破棄する設定方法について紹介する。

Thunderbird で迷惑メールを自動的に破棄するフィルタリングの設定方法




1.迷惑メールとは


迷惑メールとは、自身のメールアドレスを通知していないにも関わらず一方的に送られてくるメールである。
意図的にメールアドレスを通知していなくても、日頃メールで連絡している相手がウィルス感染などで情報が漏洩したり、ドメインを取得するとメールアドレスを含むドメイン所有者の情報が開示されるため、その情報から迷惑メールの送信者に自身のメールアドレスが渡ってしまうことある。
もちろん、ウェブサイトや EC サイトで連絡先としてメールアドレスを開示している場合も情報収集されていると想定される。



また、取得されたメールアドレスは売買されることがあり、ランダムに生成したメールアドレスに対して送信し、宛先不明のエラーにならなかったメールアドレスは利用されていると見すことができるので、売買目的にメールアドレスを探す者もいる。

2.迷惑メールが無視できない理由


迷惑メールの内容は営業や勧誘といったものであれば無視するだけで支障は無いが、迷惑メール用の何等かの手を打たなければ実害につながることが 2 点ある。

まず 1 つ目はメールボックスの逼迫である。
受信した電子メールはメールボックスと呼ばれるサーバの領域に保管されるが、実際に自宅にあるハガキや封筒など郵送物を受け取るボックスと同様に受け取り保存できる容量(ファイルサイズ)が決まっている。
そのため、迷惑メールが多いとメールボックスがいっぱいになり、受け取るべきメールが受け取れなくなってしまう。
これを解消するために、定期的にメーラーでメールボックスにあるメールを受信する作業必要になる。



迷惑メールが無視できない 2 つ目の内容として、詐欺の温床になっていることである。
最近ではクレジットカードやインターネット販売などオンラインで手続きが済むものが多いが、それらは連絡先としてメールアドレスを利用していることが多い。
その状況下の中で迷惑メールを配信する者は「○○から緊急のお知らせ」「アカウントを停止しました」など不安を煽るメールを送り付け、メール本文内のフィッシングサイト用の URL をクリックさせて個人情報を盗み、詐欺に利用する事案が多発している。
そのため、迷惑メールは自動的に破棄して正規に送られてくるメールのみを残す設定が必要になる。

3.Thunderbird での迷惑メールの設定


迷惑メールを自動的にて破棄する方法の一つに、メールの文字コードを利用してごみ箱に振り分ける方法がある。
電子メールは差出人や件名、本文の他に送られてきたサーバなどメール一通に対してさまざまな情報を持っている。
その中の一つに文字コードと呼ばれる利用できる言語に関する情報があり、日本語を扱う場合は下記のように「iso-2022-jp」が用いられている。

Content-Type: iso-2022-jp


文字コード「iso-2022-jp」ではないメールは迷惑メール業者がシステム的に送ってきたり、日本国外からのメール送信と見なすことができる。
今回は Thunderbird で文字コード「iso-2022-jp」で無い場合は破棄するように次の設定を行う。

3-1.メッセージフィルタを開く


Thunderbird で迷惑メールの自動破棄を行うために、メッセージフィルタの機能を利用する。
そのため、Thunderbird が起動した後に上部メニューより「ツール -> メッセージフィルター」を選択してウィンドウ「メッセージフィルター」を表示させる。

ツール -> メッセージフィルターを選択


3-2.メッセージフィルタの新規作成


ウィンドウ「メッセージフィルター」が表示されれば、そのウィンドウの右にあるボタン「新規作成」をクリックしてウィンドウ「フィルター設定」を表示する。

ボタン「新規作成」をクリック


3-3.迷惑メール用のフィルターの設定


ウィンドウ「フィルター設定」は下図のようになっており、この画面で条件を設定して迷惑メールを自動破棄させる。
今回はメール本文の文字コードを利用するため、「件名」とあるプルダウンをクリックして選択できるメールの情報の中から「カスタムヘッダー」をクリックする。

カスタムヘッダーをクリック




次にウィンドウ「カスタムヘッダー」が表示されるので、入力欄に「Content-Type」を入力し、ボタン「追加」をクリックする。
ボタンクリック後に入力欄の下に「Content-Type」があるのを確認したらボタン「OK」をクリックする。

カスタムヘッダーの登録


カスタムヘッダーの登録が終わると、受信したメールをフィルターする条件に「Content-Type」が入るため、『Content-Type に iso-2022-jp を含まない』という条件を作成し、その条件に合致するとメッセージをごみ箱に移動するように設定して完了となる。

以後は、メールを受信するたびに一通ずつメールに対して Contetn-Type が iso-2022-jp ではない海外から来たメールは全て自動的にごみ箱に移動するようになる。

注意点としては、日本語に限らず多言語に対応できる文字コード「UTF-8」が主流になってきており、UTF-8 で送られた迷惑メールは受信トレイに残るため読む場合はフィッシングに合わないようにしなければならない。

関連記事