副業で収入があった場合に必要な確定申告の方法


[初回公開] 2008年02月26日

本業があるサラリーマンがブログでの広告収入や写真の販売で得た収入や実際に店舗で働いたり、食事宅配サービスの配達員など実働で得た収入は追加で所得税を支払う必要があるため、その申請となる確定申告の方法について紹介する。

副業で収入があった場合に必要な確定申告の方法




1.確定申告とは


確定申告とは前年 1 月 1 日から 12 月 31 日までの 1 年間の収入に対する所得税と復興特別所得税の額を計算し、源泉徴収された税金や予定納税額などとの過不足を精算する手続のことである。

企業に勤めるサラリーマンであれば会社が所得税の計算をして給与配布時に収入から所得税等を差し引いて手取りとして渡されるので多くのサラリーマンには確定申告は無縁である。
毎年 11 月から 12 月にサラリーマンが申請する年末調整は会社が把握する各人の給与とは別に保険控除や別途給与以外に収入があった場合の総収入を計算して確定申告を代行してくれているようなものである。



確定申告を行う対象者は自営業など会社経営している人が主となるが、医療費を多く支払っている場合は収めた税金が還ってくる場合もあるので確定申告の意味と内容について把握しておいたほうがよい。

2.確定申告の期間


確定申告が可能な期間は毎年定めれており、例年、2 月中旬から 4 月中旬の 2 ヶ月間である。
確定申告の期間内に特別に設置された会場か、パソコン・スマートフォンで申告する。



本業とは別に副業で得た収入を申告するだけでなく、収入を得るために資材を購入したり講習を受けた際にかかった費用は経費として認められることがあるため、確定申告の期間以外でもレシートや領収書などをまとめて準備しておいたほうがよい。

3.確定申告の方法


確定申告を行うには確定申告会場の窓口で手続きする方法とパソコンやスマートフォンなどインターネット接続できる端末で手続きする。

3-1.確定申告会場の窓口で手続きする


初めて確定申告会場の窓口で手続きする場合は、確定申告する直近で会社から配布される源泉徴収票と副業で収入を得たことがわかる書類や銀行振込の通帳、そして追納する税金の減額に関わる経費類の領収書やレシートを持参する。
確定申告に必要な書類は筆記用具とともに会場に用意されているので必要書類だけあればよい。
もし前年に確定申告していれば、自宅または個人事業主として登録している住所に確定申告の有無に関わらず、申告に必要な書類が郵送されてくる。

確定申告会場の様子


確定申告にも種類があり、自営業や個人事業主は青色申告、それ以外の一般人は白色申告を行う。
申告用紙への記入は会場で行っても良いが、国税庁のサイトにダウンロード用の申告用紙が配布されているのでそれをプリントアウトして予め記入して持参すると楽である。

確定申告会場では混雑を避けるために整理券が配布されて順番に手続きを行っていく。
また、会場にもパソコンが設置されており、画面操作による確定申告も可能となってる。
大きい確定申告会場ではパソコンが何百と設置されており、数台おきにプリンタも併設されている。



会場にあるパソコンの画面は国税庁のサイトで公開されているインターネットで行う申告と変わらないが、不明点がわからなければパソコンの傍にスタッフがいるのですぐに聞くことができ、作成書類に不備があってもその場で修正できるメリットがある。

窓口で書類を手渡すと、別の窓口で追納するための書類として振込用紙が手渡される。
反対に多額な医療費がかかった場合など還付される場合は振込先の申請などを行うようである。

3-2.スマートフォンで手続きする


スマートフォンで確定申告を行う場合はブラウザで国税庁のサイトを開いて画面に沿って入力するか、専用のアプリをインストールして手続きを行うことができる。
申告にあたり、手元には申請に必要な源泉徴収票や副業で得た収入額がわかるものの他、マイナンバーカードか確定申告の e-Tax 用のID・パスワードが必要になる。

4.確定申告が必要かどうかの基準


確定申告が必要な人はサラリーマンなど本業の収入とは別に副業など年間 20 万円以上の収入がある場合に該当する。
本業とは別の収入には「雑所得」と呼ばれる労働や物品・資産の売買で得た収入と、「一時所得」と呼ばれる懸賞や福引、ギャンブルで得た継続性が無い収入とに分かれる。

雑所得は得た収入から経費を挿し引いたものが課税対象の金額となる。
一時所得は宝くじの当選金は課税対象に含まれず、それ以外でも最高 50 万円の特別控除があるので 50 万円以下の場合は課税対象にならない。

ある年、コンテストで得た賞金が 20 万円、その他にアフィリエイトや個人的に受託した案件で合計 30 万円ほど本業とは別に収入があり確定申告を行った。
コンテストの賞金は継続性が無いので一時所得と見なされ、50 万円以下で課税対象にはならなかったが、副業で得たほうが課税対象となり 1,000 円強の追納となった。
このように収入内容によっては課税対象から外れて追納額が減る場合があるので不明点があれば会場窓口で聞くようにしたほうがよい。

関連記事