ハードディスクと SSD の予備パーツを外付け USB に転用して活用する方法


[初回公開] 2007年12月05日

パソコンを利用した業務でリスクとしてよく挙げられるのがパソコンの故障で、メモリや電源回りであれば交換で済むがハードディスクや SSD といった記憶媒体が故障すると保存していた全てのデータを失い損失が大きいため、記憶媒体の予備パーツを持つ必要性と予備パーツを転用して有効利用する方法を紹介する。

ハードディスクと SSD の予備パーツを外付け USB に転用して活用する方法




1.ハードディスクと SSD の予備パーツを持つメリット


パソコンを利用した業務の場合、故障時に備えて予備のパソコンをもう一台用意しておくのが好ましいがコストの面から予備のパソコンも用意している企業や自治体は少ない。
しかし、いざ故障して修理に出しても保存しているデータは初期化して戻ってくることが多いため、ハードディスクや SSD といった記憶媒体だけは予備パーツとして用意しておくことをお勧めする。

ハードディスクだけ予備として持っておくと、パソコンごと予備として持つのに比べると非常に安価であるとともに数年から 10 年以上先でも利用できるので経済的にもやさしい。



また、ハードディスクなど記憶媒体以外の箇所が故障して修理に出したり、パソコン自体を破棄する場合に保存していたデータの損失や流出を恐れるのであれば修理や破棄するときにデータが入っていない予備パーツに差し替えると安全である。

2.ハードディスクと SSD の予備パーツを購入する


購入したハードディスクと SSD の予備パーツ

ハードディスクと SSD の予備パーツはバルク品と呼ばれ、それ単体では家電量販店など店頭であまり販売されていないがパソコンショップであれば購入することができる。
最近ではインターネットで購入することもできるので比較的入手しやすい。

ハードディスクと SSD ともにサイズが決まっており、ノートパソコンであれば 2.5 インチと決まっている。
バルク品はパソコン本体に接続する端子がむき出しの状態だが差し替えればすぐに利用できる状態である。



また、今回は予備パーツを眠らせておくのがもったいないため外付け USB として利用する。
そのためにはハードディスクまたは SSD のケースを別途購入しておく。
ケースは予備パーツを保護するだけでなく、USB 端子が付いたケーブルも付属されているので外付けの記憶媒体として利用するのに向いている。

3.ハードディスクと SSD の予備パーツを外付け USB に行う方法


ここからは実際に予備パーツとして用意したハードディスクや SSD を外付け USB として利用できるように設定を行う。

1. 専用ケースにハードディスクまたは SSD を取り付ける
ます最初に購入したハードディスクのケースに予備パーツのハードディスクを取り付ける。
ハードディスクをケースに取り付ける際に衝撃吸収に優れたケースであればネジ止めのためにドライバーが必要になる場合があるが、ほとんどが手で装着できるようになっている。

2. 外付け USB をパソコンに接続する
外付け USB をパソコンに接続した様子

次に、専用ケースに入れたハードディスクや SSD をケース付属の USB ケーブルでパソコンに接続する。
USB メモリなど本来であれば USB ケーブルをパソコンに挿した時点で自動的に認識して外部記憶メディアとして表示されるが、購入したばかりのバルク品は上図のように何も表示されないため、以下の操作を行う。

3. 「コンピュータの管理」で認識されているか確認する
「コンピュータの管理」で認識されているか確認

USB ケーブルでケースを接続した状態でデスクトップ左下の Windopws マークを右クリックして「コンピュータの管理」を表示する。
「コンピュータの管理」が表示されれば、左メニューより「記憶域 -> ディスクの管理」を選択すると現在 Windows OS が認識している記憶媒体の一覧が表示され、今回新しく接続したハードディスクが上図のように「未割り当て」で表示されるのがわかる。

デバイスマネージャで確認


もし「コンピュータの管理」で表示されていなければ、同じくデスクトップ左下の Windopws マークを右クリックして「デバイスマネージャー」を選択する。
その中でディスクドライブを参照して上図のように購入したバルク品の名称が表示されていなければ USB ケーブルの接続、及びハードディスクと専用ケースとの接続に問題が無いかを確認する。

4. パーティションを作成して記憶できる領域を作る
新しいパーティションの作成

次に「コンピュータの管理」で表示したディスクの管理の画面より、「未割り当て」の部分を右クリックすると上図のようにメニューが表示されるので「新しいパーティション」を選択すると、ウィンドウ「新しいパーティション ウィザードの開始」が表示される。

パーティション作成のウィザード画面




ここからはこのパーティション作成のウィザード画面に沿ってパーティションを作成していく。
そのためにボタン「次へ」をクリックしてパーティションの種類を選択する画面に進める。

パーティションの種類選択画面


パーティションの種類を選択する画面では「拡張パーティション」にチェックを入れてボタン「次へ」をクリックする。

パーティションのサイズ設定画面


次にパーティションのサイズを設定する画面となり、外付け USB として利用できる最大データサイズを指定することができる。
今回は購入したハードディスクの最大容量まで利用するため、画面に表示されている数値のままボタン「次へ」をクリックする。

パーティション作成ウィザードの完了画面


パーティションの種類とサイズの指定が終わったところでパーティション作成のウィザードの完了画面が表示される。
完了画面内のボタン「完了」をクリックするとウィザード画面が消えて、元の「コンピュータの管理」で未割り当てとなっていた箇所が
「空き領域」となり論理ドライブとして認識されるようになる。

5. 新しい記憶領域のドライブ名の設定と初期化(フォーマット)
未割り当てから論理ドライブに認識された様子

この状態で外付け USB はデータが保存できる仕切りはできたものの、まだパソコンが認識してデータの読み書きができる状態ではないため引き続き設定を行う。
「未割り当て」から「空き領域」になった箇所を右クリックして表示されるメニューより「新しい論理ドライブ」を選択する。



新しいパーティションウィザードの画面

「新しい論理ドライブ」をクリックすると改めてウィンドウ「新しいパーティション ウィザードの開始」が表示されるが、ボタン「次へ」クリックして設定を進める。

パーティションの種類選択画面


先ほどと同じくパーティションの種類を選択する画面が表示されるが、今回は「論理ドライブ」しか選択できない状態なのでそのままボタン「次へ」をクリックする。

パーティションのサイズ設定画面


次に表示されるパーティションのサイズの設定画面においても数値は変えずにそのままボタン「次へ」をクリックする。

ドライブ文字またはパスの割り当て設定画面


次に表示される画面は先ほどと違い、ドライブ文字またはパスの割り当てを設定する画面となる。
ドライブ文字とは外付け USB を挿したときのドライブのアルファベット文字で、例としては Windows OS がインストールされている記憶媒体が C ドライブとなっている。
任意で変更することも可能だが、ここでは画面で選択されているアルファベット文字をドライブ文字に割り当てることとし、ボタン「次へ」をクリックして進める。

パーティションのフォーマット画面




ドライブ文字を選択するとパーティションのフォーマットを選択する画面が表示される。
フォーマットとは Windows OS が外付け USB にデータの読み書きができるように初期化する作業となり、そのためにフォーマットの形式を選択する。
ファイルシステムは FAT32 と NTFS とあり、FAT32 は古い OS で採用されているもので最大 4GB までしか利用できない。
そのため、ファイルシステムを含めて次のように選択してボタン「次へ」をクリックする。
・ファイルシステム:NTFS
・アロケーションユニットサイズ:既定値:
・ボリュームラベル:ボリューム

新しいパーティションウィザードの完了画面


外付け USB のフォーマットが開始されると終了するまでそのまま待機し、フォーマットが終われば新しいパーティションウィザードの完了画面が表示される。

読み書きできるようになった外付け USB


フォーマットが完了すると「コンピュータの管理」ではドライブ名とファイルシステムが表示され、この時点で外付け USB はデータの読み書きできるようになる。
以後はパソコンから USB を抜き差ししても問題無く、外付け USB をパソコンに差し込めば自動的に外部記憶メディアとして認識してすぐに利用できる。

4.故障時の外付けから予備パーツの登用について


以上で予備パーツとして購入したハードディスクなどバルク品が外付け USB として利用できるようになったが、パソコン側のハードディスクが故障した場合は本来の目的である予備パーツとして利用することになる。

その場合は、予備パーツに保存していたデータを DVD や USB メモリなど他の記憶媒体にデータをバックアップし、パソコン側の故障したハードディスクや SSD と交換する。
予備パーツに交換しただけでは OS が入っていないので正常にパソコンが起動しないため、OS のインスールディスクやインストールイメージを利用して OS の再インストールを行い、業務継続に向けた再構築を進めることとなる。

関連記事