Photoshop で海など液体の画像を澄んだ加工をして綺麗にする方法


[初回公開] 2006年08月18日

デジカメやスマートフォンのカメラの性能が向上しているおかげで簡単なカメラ設定で風景など被写体は加工無しで Web サイトや印刷物へ利用できる場合があるが、時にはそのままで利用するのが難しく加工が必要となることがあり、今回は海など液体の画像を澄んだ状態に加工する方法を紹介する。

Photoshopで海など液体の画像を澄んだ加工をして綺麗にする方法




1.支給された海の画像


Web サイトの素材として支給された画像は下図のようにデジカメで海を撮影されたものだが、遠くの海水は青系であるものの手前の浅い場所は茶色がかかった砂の色が透けて見えたり、場所によっては海水の色が緑がかっている場合がある。

支給された海の画像


2.Photoshop で加工して澄んだ海にした画像


作業時間は 10 分もかからない程度のごく簡単な加工だけだが、手前の茶色がかかった砂の色を青系の海水の色に加工して澄んだ海のように加工したものが下図である。

Photoshop で加工して澄んだ海にした画像




3.Photoshop で海など液体を澄んだ状態に加工する方法


ここからは支給された画像を上図の加工後の画像にするまでの流れを紹介する。
まずは Photoshop の自動選択ツールで色を変えたい場所をクリックする。
今回は砂地の場所の色を変えたいため、茶色の箇所を自動選択ツールでクリックすると下図のように該当する色の箇所が選択された状態になる。

自動選択ツールで変更箇所を選択


次にタブ「レイヤー」より新規レイヤーを作成して追加したレイヤーに塗りつぶしツールで青系の色に塗りつぶす。

塗りつぶしツールで青系に塗りつぶす


塗りつぶしたレイヤーを選択したまま、このレイヤーに対して効果を与えて塗りつぶしを加工する。
ここでは効果を通常からソフトレイヤにし、不透明度を 77%、塗りを 70% に変更して液体感を出す。

レイヤーに効果を与えて液体感を出す


元の画像の一部に透明の効果を与えるだけだとまだ砂地の茶色さが残っているのと、選択して加工した部分と元の画像の境界線が際立って違和感があるため、
境界線を覆うように新たにレイヤーを追加して、ブラシツールで好きな形状に塗りつぶす。
追加レイヤーに塗りつぶした状態が下図である。

レイヤー追加して任意に塗りつぶす


追加した二つ目のレイヤーにも効果を与えて液体感を出すため、同じく効果を通常からソフトライトにし、不透明度を 30%、塗りを 70% にして若干一つ目に追加したレイヤーの効果と異なる設定を行うことで自然のランダムさを演出する。

二つ目のレイヤーに効果を与える


こうしてできた画像が上記2の加工後の画像である。
短い加工時間であったが、波の陰の箇所や海の奥から手前に向かって少しずつ色を変えることでより現実の澄んだ海に近づけることができる。

関連記事


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック