LUNARAVE WEBクリエイターの仕事と休息

アクセスカウンタ

Google Maps APIの利用戦国IXAWeb技術Youtubeチャンネル

zoom RSS Ingressの遊び方(ゲームを開始する前に)

<<   作成日時 : 2017/07/10 08:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

Ingressを始めた当初は初心者用のチュートリアルがあるものだと考えて何も予備知識を入れずに始めたが、チュートリアルなしで開始されたのとトレーニングという初心者向けミッションもいまいち把握しづらかったので初心者用に何点かまとめてみた。

1. ゲームを起動する前に
このゲームはGPSを用いた位置情報を利用したゲームなのでスマートフォンのGPSはオンにしてからゲームを起動する。
自分のステータスや所有アイテムを見るだけでもGPSで位置取得できていないと表示されないので「オフライン」での利用は不可能である。


2. スキャナの見方
ゲームが起動すると中心に矢印が表示され、これが自身を表している。
その周辺に道や地形が表示されるが、これは実際の周辺地理となる。
画面上に小さく光る物体はXMと呼ばれるエネルギーとなり、近づくと自動的に取得する。
XMはさまざまな行動で消費されるので自身の行動できる体力ゲージとなる。

画面は指で拡大縮小、回転が可能なので見やすいように都度操作する。
右上の「OPS」は各種メニューが表示され、下部の「COMM」で他エージェントの行動や同陣営の会話、自分に関係する攻撃履歴が表示される。

 スキャナの見方


3. ポータルの存在
Ingressは「ポータル」と呼ばれる各地に存在する地点を青・緑のチームで奪い合うのが根底のゲームである。
この「ポータル」に対して攻撃や防御措置、時にはアイテムの補給を受ける。


4. XMの貯め方
XMは道に落ちている光の粒の近くを通るだけでよいが、実際に歩くとなると苦労する。
そのため回復アイテムの「パワーキューブ」を利用したり、不要なアイテムを破棄するとXMを回復させることができる。


5. アイテム補給と経験値取得(ハック)
初心者がまず実施すべきことはポータルに対して「ハック」を行う。
「ハック」することで攻撃や回復アイテムの補給の他、経験値を得ることができる。

尚、自分が所属する色と同じ色のポータルでは経験値が増えないがアイテムが多くもらえる傾向にある。
反対に所属とは異なる色の場合は最低でも経験値が100AP獲得でき、アイテムを0から数個獲得できる。


6. ポータルの体力を増やす(デプロイ)
ポータルは「レゾネーター」と呼ばれる1つから8つまでの柱が設置可能となる。
その「レゾネーター」がポータルの体力となり、「レゾネーター」のレベルが高いほどその値は大きい。
ただし、「レゾネーター」が8つあると強いかというとそうではなく、ポータル中心から放射線上に8つが配置され、攻撃時も放射線上で攻撃範囲が広がるので「レゾネーター」を密集して配置してしまうと1つでも8つでも変わらない状態となる。
「デプロイ」は自分が所属する色と同じポータルにのみ可能である。


7. ポータルの防御(MOD)
ポータルの防御は「MOD」と呼ばれるアイテムを利用し、シールドや反撃するものがある。
中には「ハック」できる間隔が短くなるなど防御とは関係ない機能を持つ「MOD」もある。
「MOD」は自分が所属する色と同じポータルにのみ可能であり、1人につき2つまで設置可能。


8. 攻撃する
相手の色の「ポータル」に対しては「ハック」の他に攻撃となる「FIRE」ができる。
ポータルを長押しするといくつか操作コマンドが表示され、「FIRE」を選択すると攻撃に使うアイテムが表示される。
さらに画面下部の 「FIRE」をタップすると攻撃が開始される。
このタップ時に少し長押しして光の輪が中心に近づく寸前で指を離すと最大+20%の攻撃ボーナスが付与される。


9. リンクする
自分が所属する色のポータルは近隣のポータルと「リンク」することができる。
「リンク」の数が多ければ防御ボーナスがあり、三角形で「リンク」すれば「コントロールフィールド(CF)」と呼ばれるポータル間の塗りつぶしが行われる。
「リンク」するためにはレゾネーターが8つ挿さっており、「リンク」先の「ポータルキー」が必要になる。
「ポータルキー」はハック時に稀に入手できるアイテムである。


10. リチャージする
自分が所属する色のポータルは24時間ごとに何%かずつ体力が現象し、そのまま放置すると自然崩壊してどちらにも属さない白色のポータルになります。
その自然崩壊を防ぐために「リチャージ」と呼ばれる体力回復を実施する。
「リチャージ」すると自身のXMが減少するが、ポータル近隣でなくてもポータルキーがあればスキャナーの範囲外から24時間実施可能である。
「リチャージ」したいポータルの「ポータルキー」が無くても、100m以内にあるポータルの「ポータルキー」があればポータルをタップして「リチャージ」できる場合もある。

 スキャナの見方


以上、10項目を知っておけばIngressを遊ぶ上で基本的な操作は身につくことになる。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Ingressの遊び方(ゲームを開始する前に) LUNARAVE WEBクリエイターの仕事と休息/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる