LUNARAVE WEBクリエイターの仕事と休息

アクセスカウンタ

Google Maps APIの利用戦国IXAWeb技術Youtubeチャンネル

zoom RSS Google Mapの利用 -(9)メモリリークの問題-

<<   作成日時 : 2010/03/17 22:28   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

IE6やIE7で"Google Map"を組み込んだWebアプリケーションの動作検証中に「ランタイムエラー」というポップアップが表示され、タスクマネージャでリソース確認するとIEだけでメモリが1Gを超え、地図を移動したり拡大縮小するだけでメモリが増加する現象が発生した。

特に今まで出てこなかったので気づかなかったが、GoogleMapの仕様なのか、GoogleMap APIを組み込んだことが原因なのか調査しなければならない。

地図のマウスアクションに対するメモリ使用量の増加なのでまずはWebアプリケーションの組み込みから地図のAPI単体での試験に切り替える。

すると同じようにメモリ増加が再現された。

どうやらGoogle Map自体に問題がありそうだ。

ではその辺り、"Google Map"として何か告知かトラブルシューティングが出ていないかと公式サイトを見ると、しっかりと記載されていた。
->Google Maps API の概念


Google Maps API では、関数クロージャの使用を推奨しています。API イベント ハンドル システムである GEvent が DOM ノードにイベントを添付する場合、一部のブラウザ (特に Internet Explorer) でほぼ確実にメモリ リークを引き起こします。


ほぼ確実にメモリリークを発生するようだ。

この文章の下には解決策も掲載されている。

BODYタグに"GUnload()"と記述することで回避されるらしい。


 <body onunload="GUnload()">



ソースに"GUnload()"に追加して確認したところ、ある程度のところまではメモリの使用量は増加するが、一定値に達するとその前後の数値で推移するようになった。

 タスクマネージャ


他にもいくつか仕事で"Google Map"を使ってきたが、よく今まで見つからなかったものだ。

ユーザの使っているパソコンのスペックが上がっていたからなのか、サイトが利用されていないだけなのか・・・。

とにかくスペックの低い端末で検証するのもたまには必要だ。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Google Mapの利用 -(9)メモリリークの問題- LUNARAVE WEBクリエイターの仕事と休息/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる