LUNARAVE WEBクリエイターの仕事と休息

アクセスカウンタ

Google Maps APIの利用戦国IXAWeb技術Youtubeチャンネル

zoom RSS CGIフォルダ置いた画像が表示されないときの対応

<<   作成日時 : 2006/06/15 12:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

CGIを利用する場合、デザインで使用する画像や入力フォームの部分だけはHTMLファイルの場合がある。

そのとき、設置するサーバによっては画像やHTMLファイルを設置できたにも関わらず、ブラウザで見るとエラーになることがある。

 表示エラー


これは、サーバの設定でCGIを設置するフォルダで利用できるファイル形式に制限があるせいだが、自前のサーバでない限りこの設定を変更することは難しい。


しかし、「.htaccess」ファイルを利用すると画像ファイルなど、利用できるファイル形式を部分的に許可することができる。

例えば、拡張子が「.html」「.htm」のHTMLファイルと、拡張子が「.gif」「.jpg」の画像ファイルをCGIディレクトリ内に設置する場合、以下の内容を記述して「.htaccess」という名前で保存すればよい。


AddHandler default-handler .html .htm .gif .jpg


指定した拡張子のファイルはCGIを通してではなく直接参照する事が出来る様になるので、 内容をそのまま公開したくないファイルがある場合は注意が必要となる。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
CGIフォルダ置いた画像が表示されないときの対応 LUNARAVE WEBクリエイターの仕事と休息/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる