LUNARAVE WEBクリエイターの仕事と休息

アクセスカウンタ

Google Maps APIの利用戦国IXAWeb技術Youtubeチャンネル

zoom RSS "ページが見つかりません"を作る htaccess

<<   作成日時 : 2006/02/09 12:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

サイトを見ていて違うページに移ったときに"ページが見つかりません"と出てくる。
また、アドレス欄にURLを入れたものの間違っていれば"ページが見つかりません"と出てくる。

 NOT FOUND

文字通りページのデータが無くて表示される。
しかし、これはブラウザ"Internet Explorer"がページがないときに自動的にすり替えてくれている。

これを他のブラウザ"Netscape"にすると、ページがすり替えられずにサーバからの応答がそのまま表示される。

 NN 404


ページにアクセスしたとき、WEBサーバは状況に応じて処理した内容を番号として応答してくれる。

ページにアクセスして問題なく応答したときは"200"。
ページがない時は"404"というふうに。


もしページが無いときはブラウザを"閉じる"か"戻る"しかないのだが、もし「うっかりサイトデータを消していた」とか「サイトの構成をし直した」となるとせっかくのアクセスがもったいなくなる。


そこで、この応答ページをオリジナルのものにするとページが無くても他のURLやトップページに誘導することができる。

 SQUARE ENIX

例えば、"SQUARE ENIX"では上記のように国内・海外サイトや関連企業へ誘導するような応答ページを作っている。


では、実際にこのページを作るためには、「htaccess」というファイルを用いる。
「htaccess」ファイルは使用しているサーバやホスティング先によっては使えないので事前にチェックする必要がある。

メモ帳などテキストエディタに以下の内容で「htaccess.txt」という名前で保存する。


ErrorDocument 404 /404.shtml(改行)
(改行)


また、ページが無いときのページデータを「404.html」という名前で保存する。

この時、"Internet Explorer"の使用で512バイト以下のファイルサイズでは404ファイルは表示されない。
(設定で表示可能らしい・・・。)

この2つのファイルをFTPでサーバにアップして、「htaccess.txt」を「.htaccess」という名前に変更する。

これでアップしたサーバに存在しないファイル(URL)にアクセスすると作成したエラーページが表示される。


「htaccess.txt」に下の2行を付け加えるとそれぞれのエラーに対して応答ページを表示することができる。


ErrorDocument 403 /403.html (アクセス権なし)
ErrorDocument 500 /500.html (CGIエラー)


しかし、「.htaccess」を設置したものの実際に表示させるページデータを設置していないとサーバに負荷がかかってしまうので注意が必要。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
"ページが見つかりません"を作る htaccess LUNARAVE WEBクリエイターの仕事と休息/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる